緒形りょうのwiki風プロフ!身長は?3世タレントで側弯症だった!

行列のできる法律相談所で「謎の美男子!両親は超大物俳優」と紹介され芸能界デビューをはたした「りょう」さん。

緒形りょう”の名前で活動しています。

この放送でご両親が大物俳優(後述)という事はわかりましたが

りょうさん自身、いったい何者なんだろうと思いませんか?モデル?タレント?俳優?

ご両親の情報はたくさんありますが、ここではりょうさんにフォーカスを当て

基本的なプロフィールから性格や持病の側弯症、アメリカへ留学していた事など

りょうさん自身を深堀りし、ご紹介していきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

緒形りょうのwiki風プロフィール

引用:instagram

まずは基本的な情報から!

緒形りょう

生年月日:2000年3月9日21歳

出身:東京都

特技:イラスト

趣味:カメラ、美容、映画鑑賞、人間観察、和

事務所:ASOBISYSTEM

今年芸能界デビューをし、モデル俳優として活動をしていくそうです!

引用:instagram

りょうさんの身長に関してまだ明確な情報はありませんが

この写真を見る限り、三浦春馬さんが178cmでさほど変わらないので

靴や姿勢に考慮しても、りょうさんは178~180cmだと予測できます!大きい。

上のプロフィール以外にも英語ダンスができて、多彩な魅力が売りです。

ではなぜ出身が東京なのに英語ができるのでしょうか?

4年間アメリカへ留学していた

りょうさんは幼い頃にディズニーチャンネルを見て、小さいながらに日本とアメリカの文化の違いに気づいたそう。

自分自身のパーソナルな部分を知りたい」と思い、アメリカの高校に通うため留学を決意しました。

アメリカのロサンゼルスでアートスクールに通い、ダンスとファッションを専攻していました。

だから英語もダンスもできるんですね!

アメリカに行ってからは”日本がどれだけいい国か”に気づけたそうで

これからは世界に日本の良さを広げたいともおっしゃっています。

ファッションを学んでいた

先程出てきましたが、りょうさんはアメリカで主にダンスとファッションを学びました。

なんとなく特技がイラストで、趣味にカメラがある理由がわかる気がしますね!

と言いますのも、りょうさんのインスタグラムがとってもオシャレなんです。

ちなみにお母様の影響もありコム・デ・ギャルソンがお気に入り。

スポンサーリンク

緒形りょうは芸能一家の3世

引用:instagram

りょうさんは3世ながらも、家族のコネクションに頼ることなく一人の人間として

やるなら自分でやりなさい”のご両親の教え通り頑張っていきたいと話しています。

ちなみに芸能界入りした理由もご家族とは関係なく、純粋に

幼い頃に見ていたディズニーチャンネルに影響をうけ、人を楽しませたいと思ったからだそうです。

祖父は俳優・緒形拳

隠喩尾:緒形拳研究会

りょうさん一家は仲がよく、週に1回はおじいちゃんである緒形拳さんに会いに行っていたのだとか。

幼いながらに緒形拳さんの並々ならぬオーラは感じていたようで、当時の小さいりょうさんは

怪獣だと思っていて、すきあらばパンチをしていたそうです。(笑)

父は俳優・緒形直人

引用:NHK

緒形直人さんもまた、二世ということでりょうさんに理解があり、心に響く言葉をいただけるのだとか。

「これから先、いいことも悪いことも言われると思うけど、全部ポジティブに捉えなさい。」

これは一生忘れないようにしている、りょうさんの大切な言葉です。

母は女優・仙道敦子

引用:NHK

お母様とはファッションの話をしたり、一緒にコーディネートを考えたりするのだそう。

仲がいい家族の情景が浮かんできそうです。

緒形りょうは側弯症

りょうさんは幼い頃から側弯症を患っており、日本に帰国したのも、悪化で手術をする為でした。

側弯症とは

脊髄が左右に曲がっている状態

テレビやSNSでは元気な姿が見れているので、手術は無事成功し、経過も良好そうですね!

繊細なりょうさんなら、同じ側弯症に悩む方々の励みとなる存在になれそうです。

緒形りょうの今後の活動

引用:instagram

最後に、今後の活動についてりょうさんは

  • 俳優業、バラエティ、ダンスやファッションを活かせる仕事をしたい
  • 3世ではなく、一個人として認められるように頑張っていきたい
  • ”緒形りょうと言えばこの色”と言われる唯一無二の存在になりたい
  • 環境に甘えずなんでも挑戦したい
  • マツコデラックスさんに会いたい

と語っています。

テレビやネットでは3世ということで話題になっていますが、ご本人的には

りょうさんならではの可能性や才能発揮のために頑張っていきたいようです!

応援しています。

スポンサーリンク