島田麻央のwikiプロフ!中学校はどこ?フィギアを始めた理由は?

木下スケートアカデミー

4回転トーループを日本女子で初めて成功させたわずか12歳の島田麻央選手。

2022年北京五輪シーズンの「強化選手A」に選ばれるなど世間の注目も高まりつつある彼女ですが

12歳でこれから!ということもあり、島田選手についての情報はまだ少ないですね。

写真や映像などを見るとまだあどけなさが感じられますが、いったい島田麻央選手ってどんな人なのでしょうか?

そこでこの記事では、島田麻央選手のインタビューや取材などからWikipediaのプロフィール風

中学校や性格、フィギアを始めた理由等についてまとめたのでご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

島田麻央のwiki風プロフ

ではさっそく基本的な情報から参りましょう!

島田麻央

出身:東京都

生年月日:2008年10月30日

身長:138cm(中学生なので公式より伸びている可能性あり)

趣味:ボーリング、ダンス

フィギアスケートの注目選手は勝手に愛知県出身というイメージでしたが、生まれは東京なんですね!

また、メディアで目にする無邪気な笑顔の写真や上述の趣味などから、活発な性格が予想できます。

本人曰く

島田麻央

せっかちです。

理由は「夏休みの宿題は最初の1~2日で終わらせてしまう」からだそうですが、しっかり者なんですね!

2020年、よりスケートに集中するため、家族で”木下スケートアカデミー”のある京都に移住しました。

この事から島田選手は京都の中学校に通っている予測はできますが、正式に公開されている情報はありません。

ちなみに木下スケートアカデミーは京都府の宇治市にあり

2021年1月に開催された”京都府中学校スケート競技会”の入賞選手を見ると

宇治市立宇治中学校の生徒が圧倒的に多い事がわかりました。

また、木下スケートアカデミーで一緒に切磋琢磨し、上述の大会で2位の柴山歩選手は

立命館宇治中学校に通っており、女子Aクラスで優勝した西山心音選手も在校しています。

しかし宇治市には宇治市立宇治中学校以外にも9つの中学校があり

立命館に関しては宇治市ではありません。

スポンサーリンク

島田麻央がフィギアを始めた理由は楽しかったから

お母様が浅田真央さんの大ファンという理由から「麻央」と名付けられた島田選手。

ここからはQ&A方式で島田選手のフィギア編プロフィールを見ていきましょう!

フィギアスケートを始めたきっかけは?

5歳の時にお母さんと初めて滑りに行って楽しくて始めました。

お母様ナイスです!

フィギアの魅力とは?

表現力に関して:うまく出来ても、もっともっと上手くできるところがある

ジャンプに関して:1回転跳べたら2回転、3回転と限界がないところ。

12歳にしてなんて明確な受け答え…

自分の強みは?

強みかわからないけど、ポジティブです。

最初は凹むけどすぐ切り替えて「次頑張ろう」って思います。

数ヶ月前まで小学生だった子が、既にプロのようですね。

4回転トーループを決めた日本女子は島田さんだけですが?

降りた時は嬉しかったんですけど、次からは何種類もジャンプが跳べるように練習していきたいと思いました。

自分が島田麻央選手だったら浮かれて浮かれて

将来の夢は?

いろいろな世界の舞台に立つこととオリンピックで金メダルを取ることです。

期待しています!

↓最後に島田麻央選手を指導している浜田美栄コーチのお言葉↓

島田選手の良さは?

体のバネがあります。それとやっぱり素直。引っ込み思案なところがあるので、どっちかというと”不言実行型”。フィギアは人に見せるスポーツなので、有言実行の方がいいかなという感じはあります。

以上、「島田麻央選手ってどんな人?」をテーマにご紹介していきました。

私は素直で伸び代たっぷりの島田麻央選手の活躍に期待しつつ、応援していきたくなりました!

スポンサーリンク